アートメイク注意点

アートメイクはおしゃれな女性にとって、助かるものですし、人気も出てきています。メリットは沢山ありますし、安全なものですが、間違った施術を受けてしまうと良くないのです。こういった注意点をご説明致します。

アートメイクは医療機関で受けるようにしましょう。といいますのも、アートメイクは立派な「医療行為」だからです。つまり、針を使って皮膚に色をいれていきますので、「医師免許」を持つ人が行わなければいけないという事になります。そうでないと、かなりの危険を伴いますので、ご注意ください。(エステサロンで施術を行うと言ったものは医師免許のない人が行うでしょうから、危険です。)

医療機関で行いますと、医師か看護師がカウンセリングをしてくれるでしょうから、安心でしょう。何しろ、一度色を入れますと、薄くはなりますが消えないのです。後悔のないように、しっかりと医師に相談して決めることが大事でしょう。また、医療機関ですと痛みの緩和のために麻酔クリーム、麻酔ジェルといったような処置も行いますから、安心して施術を受けられるでしょう。クリニックによっては局所麻酔を行うという事もあるようですから、施術する医療機関にその辺りをしっかりと確認した方が良いでしょう。いずれにしましても、麻酔で痛みがほとんどなく施術を受けられるのは、嬉しいことですし、お医者様が行うのであれば、安心です。

こういった注意点を踏まえれば、アートメイクはおしゃれな女性の強い味方になるでしょう。

化粧時間の短縮

アートメイクの施術を受けると、ふだんの化粧にかける時間を大いに短縮できます。その便利さについて、ご説明致します。

仕事に行く前や来客が来ると言う日は、忙しいものです。すっぴんから化粧して、髪の毛をセットするとなると、1時間以上はかかるのではないでしょうか。化粧で言いますと、下地、ファンデーションを塗り、アイメイクや眉毛を書いたり、口紅をリップブラシで丁寧に塗る等、趣向を凝らせれば、それだけに時間が掛かります。でも、そうやって、一生懸命にメイクすればそれだけ、気に入らなくてやり直してみたり等、完璧を目指すようにもなり、日々化粧時間が長くなっていくと言う人も多いでしょう。しかし、このように時間を掛けることで、生活に支障が出てくるという事もあるかもしれません。そのようなおしゃれな女性にぴったりなのが、アートメイクなのです。

アートメイクの施術ができるパーツは眉、アイライン、リップラインです。色を入れますから、普段のお化粧が大分楽になるでしょう。こういったパーツは特に気になるところで、メイク時間を掛けてしまいます。ですから、予め、色が入っていれば、眉はそのままでいいし、アイメイクもリップメイクも楽です。化粧時間短縮な分、ヘアアレンジを楽しめるかもしれませんし、他の事に時間を使えるでしょう。

アートメイクの安心

アートメイクで、どんな安心が得られるか、ご説明致します。

アートメイクはアメリカのFDA(食品医薬品局という政府機関)で許可されたと言う安全な色素を使っています。但し、医療機関で行うということが条件になりますので、ここは要注意です。(エステサロンですと、こういったものを使っているかどうかは、わかりません。)施術から1年たつと、カラーチェンジも可能かもしれませんので、こういったことは施術を行った医療機関で要相談です。このように、バックアップに医療機関が付いていると言う安心感があります。

その他に安心できると言う点ですが、趣味等で水泳やスポーツを行う場合もメイクがおちませんし、目覚めた朝、温泉でも落ちないので、友人や恋人との旅行の際に安心感が得られるでしょう。また、ノーメイクの時に不意に大切なお客様がと言う時も安心ですから、人の出入りが多いと言う家の女性にはぴったりですし、時短メイクも可能でしょう。こういった安心感はオシャレに気を使う女性ならではのものです。どんな時、どんな場面でも綺麗でいたいという女性の願望を叶えてくれます。このように女性の願望にマッチした施術がアートメイクでしょう。常に綺麗でいたいという女性の思いや、願望、たしなみを常に持っているような女子力の高い女性はいつまでも綺麗でいられるのかもしれません。

 

アートメイクとは

アートメイクという言葉をご存知でしょうか。その言葉の響きから、お化粧の一種のように思われそうですが、少々違います。でも、メイク法のひとつという解釈ができないこともないです。いったい、どのようなものか、ご説明致しましょう。

アートメイクは表皮と言われる浅い位置に色を入れていく施術法です。色を入れるのは眉、アイライン、リップラインといったすっぴんになると見られたくないような箇所になります。つまり、すっぴんでもお化粧したような顔でいられるという事で、20代を中心に女性達の間で話題を呼んでいる施術なのです。皮膚の奥深くまで色を入れ、永久に色落ちしない刺青(タトゥ―)と混同されることがありますが、こう言った点ではちがいます。

ご説明しましたとおり、皮膚に色を入れると言う行為ですので、永久に入れた色がそのままということはありません。だんだん薄くなります。そして、人にもよりますが、数か月から数年でかなり色が薄くなるでしょう。(あくまでも薄くなるということで、落ちるというわけではありません。)施術を行うクリニックによってはナチュラルに仕上げるために1回でなく数回に分けて施術を行うというところもあるようです。こうすると、人にもよりますが、色持ちが良いかもしれません。

当サイトはアートメイクのメリットについて、お伝えいたします。アートメイクの安心、化粧時間の短縮、そしてメリットを踏まえた上での注意点を分かりやすく、ご説明致しますので、ご参考になさってください。このように、皆様がアートメイクを安全に楽しめる様、お役に立つような情報を満載いたしますので、ご一読頂ければ、幸いです。