アートメイクとは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アートメイクという言葉をご存知でしょうか。その言葉の響きから、お化粧の一種のように思われそうですが、少々違います。でも、メイク法のひとつという解釈ができないこともないです。いったい、どのようなものか、ご説明致しましょう。

アートメイクは表皮と言われる浅い位置に色を入れていく施術法です。色を入れるのは眉、アイライン、リップラインといったすっぴんになると見られたくないような箇所になります。つまり、すっぴんでもお化粧したような顔でいられるという事で、20代を中心に女性達の間で話題を呼んでいる施術なのです。皮膚の奥深くまで色を入れ、永久に色落ちしない刺青(タトゥ―)と混同されることがありますが、こう言った点ではちがいます。

ご説明しましたとおり、皮膚に色を入れると言う行為ですので、永久に入れた色がそのままということはありません。だんだん薄くなります。そして、人にもよりますが、数か月から数年でかなり色が薄くなるでしょう。(あくまでも薄くなるということで、落ちるというわけではありません。)施術を行うクリニックによってはナチュラルに仕上げるために1回でなく数回に分けて施術を行うというところもあるようです。こうすると、人にもよりますが、色持ちが良いかもしれません。

当サイトはアートメイクのメリットについて、お伝えいたします。アートメイクの安心、化粧時間の短縮、そしてメリットを踏まえた上での注意点を分かりやすく、ご説明致しますので、ご参考になさってください。このように、皆様がアートメイクを安全に楽しめる様、お役に立つような情報を満載いたしますので、ご一読頂ければ、幸いです。